おはようございます!

ご存知の、方もおられるかと思いますが先日、農林水産省より料理マスターズとゆう賞を頂きました!

お世話になっておる『情報サイトのパワナビさん』が、その模様をご厚意でブログアップして下さいました。
しかし、応援して下さってる方々へのご報告や経緯等は自分で説明せんといかんな…。これは仁義じゃな。と思いブログします!

image

先ず一番言いたい事は、
これは全て宮崎の自然、生産者さん、漁師さん、ご指導して下さった方々、また御来店下さり、善漁。を育てて下さっているお客様のお陰です。有難う御座います!

image

ある日、東京よりご出張のお客様が善漁。の特等席でありますカウンター席にお越しになりました。

我々はいつも通り、いっぱいいっぱいで仕事をしておりましたが、お客様は料理を一つ召し上がる度に、凄く驚いた様子で宮崎の食材の素晴らしさを感じて下さってるのが分かりました。
そうなんです。宮崎の素材は美味しいんですヽ(^o^)丿
これは宮崎県民として素直に嬉しい事です!

すべてのお料理が出し終わったところで『いや~実は、大阪と奈良のある料理人さんや飲食関係者に貴店を勧められて来ました。宮崎の食材のレベルの高さに驚きました。』
えっ(;゚ロ゚)!どこかで聞いたこと有る、覆面調査員ってやつですか!?
と、そこで初めて本当の目的と料理マスターズの事も説明下さいました。

宮崎の食材をその様に褒めて頂き嬉しかったです\(^o^)/

過去の受賞者を伺うと、皆さん日本を代表する方々でしたので『いやいやいやいや…(^0^;)』と思うておりましたら、半年程の審査の末に奇跡的に選んで頂きました!

(;゚ロ゚)マ、マ、マジですか!?
とにかく宮崎バンザイ!

授賞式後の懇親会でも歴代受賞者の料理人さんや関係者の方々に『何処から来られたのですか?』『誰に推薦されたの!?』と、新種の動物発見!!のような感じでした(^^;)
そりゃそうじゃと思います。

image

(2次会での様子。 「エル・ブリ」の世界的シェフ、フェラン・アドリア氏に、
「この食事を味わうためだけに大阪に来る価値がある」
とまで言わしめたカハラの森義文シェフ のご挨拶。皆さんワインでしたが自分一人だけ熱燗。みごと寒うて…^^;)

他の受賞者の経歴を少しご紹介させて頂くと(五十音順)
※エピソード以外は公式ガイドブックやネットで調べたものです。

●楠田 裕彦さん
METZGEREI KUSUDA兵庫県 デリカテッセン

http://metzgerei.exblog.jp/

本番ドイツで修行され、この業界では有名な食肉加工の職人さんです。世界大会でも優勝されてます!
飲食店へのお得意様は三つ星レストラン。
ス(;゜ロ゜)ゲー!

そして、かなりの男前!
生まれ変わったら楠田さんの顔になりたい!

●杉本 敬三さん
レストラン ラ・フィネス東京都 フランス料理

http://www.la-fins.com/m/
 

料理マスターズ史上最年少!(自分の2つ下です(^^;))
RED U-35とゆう35歳以下の日本最大の料理大会初代グランプリ!なんと賞金500万円!(ひょえ〰ヽ(゚ロ゚;)ノ)
本番フランスでフランス人相手に料理を教えられてるそうです!
ス(;゜ロ゜)ゲー!

自分よりお若いとにしっかりされてる。
スギちゃんと呼ばせて頂きます。

●髙木 慎一朗さん
銭屋石川県 日本料理 

http://www.zeniya.ne.jp/

各国のスーパーシェフも訪れる金沢の高級料亭。
世界各地のホテル、レストランなどから招聘され、日本料理を披露、指導されてるそうです。世界的に有名な料理人さんです。

ス(;゜ロ゜)ゲー!

とてもダンディーな方で、身長も190㎝位だそうですが、座高は自分の方が高かったような…(-_-;)

●徳山 浩明さん
徳山鮓滋賀県 日本料理 

http://www.zb.ztv.ne.jp/tokuyamazushi/

今、もっとも世界の料理人から注目されてる発酵料理のスペシャリストです!

ス(;゜ロ゜)ゲー!

全国から料理人が勉強に来られるみたいです!

凄い方なのに2次会ではAKB48の話しとか(我々を和ませて下さる為に)気さくにお話しして下さいました。

お陰で徳山さんと言えば『AKB』。
頭から離れましぇん。

●十時 亨さん
 GINZA TOTOKI東京都 フランス料理 

http://www.totoki.jp/

料理学校時代に十時さんの本を購入させて頂いたことがあります。
泣く子も黙る『銀座レカン』の元総料理長さんです!
ス(;゜ロ゜)ゲー!

まさかお話しさせて頂けるとは!
料理のお話しは勿論。まさかのピロリ菌のお話しまで。
(自分がピロリ菌を退治出来たので(^^;))。

●生江 史伸さん
 レフェルヴェソンス 東京都  フランス料理 

http://www.leffervescence.jp/

独特な世界観で国内外の三つ星レストラン等で修行され、世界でもっとも予約が取れないレストラン『noma』が日本に来たとき案内人をされたのが生江さんです!
ス(;゜ロ゜)ゲー!それだけ食材にお詳しいのです!

自分も、海外の料理人と交流したいなぁと思って英会話の勉強してたとに…今だ北浦弁しかよう喋らん…(^^;)。今度荷物持ちさせて下さい。

●山口 浩さん
 神戸北野ホテル 兵庫県 フランス料理 

http://www.kobe-kitanohotel.co.jp/sp/

フランスの三つ星レストラン『ラ・コートドール』でロワゾーさんを師事され、世界一の朝食と言われるお食事が出来ます!

ス(;゜ロ゜)ゲー!

ある勉強会でご指導して下さいました。残念ながら今回の授賞式はご欠席されてました。

皆さん凄い料理人さんばかりです。
自分なんかメジャーリーガーの中にいる、甲子園すら行ったことも無い野球小僧…
いや、中学までテニス部だった奴がマネージャーとして試合に付いていったら
スターティングメンバーに名前がある。みたいな^^;
そりゃ、あんた誰?ってなりますわ(^0^;)
冗談抜きでパシりのつもりで来ましたから!
謙遜とかでなく真面目にです。

過去の受賞者も日本を代表する料理人さんばかりです!

http://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/kensyou/

※エピソード以外は、全て公式ガイドブックやネットで調べたものです。

何はともあれ、身に余る、光栄な賞を頂きましたが、善漁。はただの料理屋であり、特別な事は何も出来ません。

本当に、宮崎県の素材の素晴らしさが評価されたのだと思います!

宮崎の自然と第一次産業の皆様、ご指導下さる方々、そして応援して下さる皆様のお陰で御座います!
有難う御座います。
これからも宜しくお願い致します!

受賞とは直接関係ありませんが10年後も100年後も、善漁。の本質は、ずっと変わりません!孫、その又孫にもにも料理をしてもらいたいです!

若いときは自分の代だけ。と思うておりましたが、
畑や海でご活躍の第一次産業の方々とのお付き合い、
陶芸家さんや道具作家さんとのお付き合いを途絶えさせるわけにはいかんな。
途絶えさせたら田や畑のように荒れ放題で寂しいなるな…
と思い、代々受け継ぐ文化を大事にしたいなと思うております。
なので、今のうちから洗脳させていきます^^;。

今後は、公式ガイドブックの発売、オリンピックのディナー、国の行事へ招集され、クールジャパンの活動するそうです。

しかし、無名のぼくは忘れられるんじゃなかろうか…
アレ?一人足らんことない??みたいな…^^;

image

 

投稿者 admin 投稿日 2015年.11月 12日 カテゴリー お知らせ

Comments are closed.

-->